Back to All Events

wall of rita vol.5 『 80’s New Wave と 否ロックンロールとしての Post Punk について 』

IMG_0139.JPG
IMG_0140.JPG

2018/4/2
open 19:00
door 1500(1d込み)


パネラー:
・mr.F ( Junk F/初代ハックフィン店長 )
・Amabile ( 80’s ROMANCE/Trans Europe Express )
・入山逸夫 ( 円盤屋〜HMV )


セックス ピストルズのベーシスト であったグレン マトロック脱退時 マルコム マクラレンは「ポール マッカートニーが好きなベーシストは バンドイメージに合わないから クビ」とコメントしてます。ロックの象徴としてのビートルズの存在の大きさを逆説的に表してますが これは ピストルズによるビートルズの否定でした。それは 80年代のニューウェーブ・ポストパンクに引き継がれ ストーンローゼズやオアシスなど ビートルズを肯定するバンドが登場するまで続きます。
「ロックンロールは去っちまったが 死ぬことは無い」ノエル ギャラガー

毎回マイナーなジャンルをほじくるトークイベント’ wall of rita’ vol.5。今回は ピストルズ解散の70年代後半から ストーンローゼズらが台頭する80年代中盤までのイギリスを中心にした ニューウェーブ・ポストパンクについて 当時を知るパネラー達に語ってもらいます。

Earlier Event: April 1
エイプリルとフール